Blogブログ

当店からの最新ニュースをチェック! キャンペーンや新商品の情報を発信いたします。

  • HOME
  • ブログ
  • DAMA HAIR(ダマヘアー)が今一番のおすすめする「デジタルパーマ」

DAMA HAIR(ダマヘアー)が今一番のおすすめする「デジタルパーマ」

最近では、いろいろなパーマの名前を聞くかと思いますが、DAMA HAIRでは、「デジタルパーマ」をお勧めしています。「デジタルパーマ」というよりも、「ゆるふわ」感を出すパーマと言ったらわかりやすいでしょうか。

通常の12剤のコールドパーマだと朝のお手入れや夕方にオフィスから出かけるときにスタイリングが指先だけではとても難しいですよね。雨の日などはゆるふわ感を出すことがなかなかできません。

そんな時、薬剤だけでなく熱も加えることで、ゆるふわ感を髪にしっかり記憶づけるデジタルパーマだと、簡単なスタイリングだけでもきれいに見えるのです。

このデジタルパーマが向いている方は、コールドパーマをしっかりかけても乾かすと、ほとんどカールがなくなってしまってがっかりした経験のある方です。繰り返しますが、薬剤と熱の力で強くカールを施術しますから、ふわふわカールが出ます。

反対にデジタルパーマが向かない方は、根元のボリュームを出したい方や細かいウェーブを希望する方です。こういう方はコールドパーマ向きといえるでしょう。また、おすすめできない方は、ホームカラーを繰り返している方やほぼほぼ金髪に髪を明るくした経験のある方です。それらはカラーリングでキューティクルを破壊し、髪をかなり傷めている可能性があるからです。本来持つ健康な髪質になるまで、デジタルパーマは少しお休みした方が良いかと思います。

髪がかなりダメージが進んでいてもデジタルパーマを薦める美容室もありますが、お客様の髪の美しさを守りたいので、DAMA HAIRでは、お薦めしません。場合によってはお断りしなければならないこともあります。

デジタルパーマのかけ方

デジタルパーマの手順は、まず髪を柔らかくする薬剤をつけて、反応がでるまでしばらく時間を置きます。リラックスしながらお待ちいただければと思います。

事前にカウンセリングした目標の状態まで髪が柔らかくなったら、シャンプーブースで、薬剤をしっかり優しく洗い落とします。スタッフに身を任せる状態でゆっくりしてください。

次に、栄養たっぷりのトリートメントを浸透させます。それからロッドを巻いていきます。通常のロッドと専用の機械を接続したロッドを、髪質によって50℃から90℃の間で加熱していきます。そして、乾燥した気に対してカールを定着させる薬剤を付けて10分ほど時間をおいたら、再びシャンプーブースでお流しをします。それから、イメージにあわせたスタイリングをして完成となります。

自宅でのお手入れ方法

お家でのお手入れは、ドライヤーで乾かすだけ。簡単に、ゆるふわな感じに仕上がります。朝忙しい方にはスピーディいなスタイリング。スタイリングが思ったようにいかない方には、手櫛でもできる簡単なスタイリングが可能になります。

根元はフラットなので、急な雨で髪がクルクル巻き上がりすぎてしまうとか、逆にカール感がなくなってしまうとかが、ほとんどありません。

大昔のドラマや映画を見ると、電髪と呼ばれる、電気の熱でパーマをかける機械が映り込んでるときがありますよね。あれは、熱の力で髪の毛がかなり痛むものでした。

その次に登場したのが、コールドパーマです。これはまんべんなく強いカール力が、根本からかけられましたけど、乾かすうちにカールがすこしだけダレてしまうのがデメリットでした。

デジタルパーマは、第3のパーマとも言えます。電髪とコールドパーマのプラス部分、いいとこどりをして、より自然なパーマを生み出します。

パーマは、仕上がるまでにお時間がかかります。(デジタルパーマとカットで約3時間ほど)お待ちいただく時間(施術時間中)は、ゆったり、のんびりと過ごして頂けたらたら嬉しいです。

リラックスタイムもまた、DAMA HAIR(ダマヘアー)のご提供するサービスの一つでもあります。